お願い☆ファントム様アンジョ様♪‐ミュージカルに夢中‐

2013年初め映画「レ・ミゼラブル」に衝撃を受けミュージカルファンに。
今は「レミゼ」の他に「オペラ座の怪人」、韓国ミュージカルにハマっています。 ミュー沼にハマって2年ミュ初心者のブログです♪

2015年02月

ミュージカル「レ・ミゼラブル」(WE2015)備忘録キャスト編

ミュージカル「レ・ミゼラブル」(WE2015)備忘録キャスト編

全体の感想はこちら

◎ジャン・バルジャン(Peter Lockyer)

登場した時は囚人らしく“疲れた~”感のあるバルジャンでしたが、市長として登場した時は若いバルジャンだなと思いました。
仮釈放の身分証明書は4つに破いて手に持っていました。
どちらかというと華奢で、あの超重そうな馬車を軽々と持ち上げるのはまさにイリュージョン。
下水道のシーンでは、マリウスを背負ったりお姫様抱っこしたり、かなりの体力を消耗していると思います。
それでも、その後でもしっかり歌い上げるのですからさすがです。
初めて日本の舞台を観た時、福井さんの体調が悪かったのでしょうが肩を貸しているだけなのにちょっとガッカリしたので、やっぱり下水道のシーンはこうでないと思いました。
私には少し癖のある歌い方に思えたのですがかなり声量のある方です。 
BHHでは水を打ったような静けさのなか滔々と歌い、神々しくさえありました。

写真に写っているので司教のことも。
どちらかというといかつい悪人タイプ、恰幅が良いのでお偉いさんという感じはします。
コルムさんとはかなりタイプの違う方です。

◎ジャベール(David Thaxton)
続きを読む

ミュージカル「レ・ミゼラブル」(WE2015)備忘録

ずっと憧れていたウェストエンドのミュージカル「レ・ミゼラブル」を観てきました

ずっと憧れて憧れて、一度は観たいと思っていたWEの「レ・ミゼラブル」念願叶ってやっと観ることができました。

レミゼのストーリーは超有名なので省略しますが、世界中が新演出版に変わる中、唯一旧演出で公演を続けているのがロンドンのWEにあるクィーンズ シアター(Queen's Theatre)なんです
噂に聞いた盆が回る舞台もうめちゃくちゃワクワクでした。

ウェストエンド・クイーンズシアター
写真が下手ですいません。
コゼットと赤旗を振るアンジョの姿が見えた時は、もうそれだけで感激でした~。

私は、映画→新演出版→旧演出版の順番で観たことになります。
結論から言うと、今回観た旧演出版が一番好きです。

キャストの感想はこちら

新演出版は映像を多用してわかりやすくが売りだったと記憶していますが、映像ではなくたった1つの照明がすべてを理解させてくれることもあるのだと今回旧演出版を観てわかりました。

囚人たちの労働
仮釈放後の放浪と労苦
下水道での彷徨


どれも盆が回ることで時間の経過をありありと感じることができました。

馬車の暴走
テナルディエの宿屋
プリュメ街

盆が回ることで狭い舞台に広さと奥行きが生まれていました。

秀逸だったのは下水道を彷徨っている時の照明です。
映像が流れるよりも遥かに雄弁に、バルジャンがどれほど長く彷徨っていたのか、マリウスを助けるための苦労をわからせてくれました。

そしてバリケード

盆が回ったほうが断然カッコいいですよ~。

ヒーローを作らないって方針だと聞いたことがありますが、ベートーベンだって曲を売るために当時の歌謡を交響曲に取り入れたというじゃありませんか。
気取った演出をしたい気持ちもわかりますが、「待ってました」 的な演出を残しても良かったのではないかと思います。

旧演出版が残っているうちに見ることができて本当に良かったです。

ウェストエンド・クイーンズシアター「レ・ミゼラブル」

スーパースター揃いのBWカンパニーと比べても、WE2014-2015カンパニーはその総合力で負けていないのではないかと思います。
スーパースターはいなくても、演じていることを楽しんでいることがすごく伝わってきました。
テルナディエのシーンはもちろんですが、「ああ、みんな楽しんで演じているんだ~」 。
そんな気にさせてくれました。

それに、カーテンコールの熱さは、私が観た3公演の中でダントツでした
総スタンディングオベーションで、主演の Peter・Lockyer さんが、出演者のみんなに向かってうれしげに客席を指さしている姿が印象的でした。
このカンパニー、とっても仲が良いんですね。

ウェストエンド「れみぜらぶる」

スポンサードリンク
livedoor プロフィール


タグクラウド
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ