お願い☆ファントム様アンジョ様♪‐ミュージカルに夢中‐

2013年初め映画「レ・ミゼラブル」に衝撃を受けミュージカルファンに。
今は「レミゼ」の他に「オペラ座の怪人」、韓国ミュージカルにハマっています。 ミュー沼にハマって2年ミュ初心者のブログです♪

ソーニャ

韓国ミュージカル「ジキル&ハイド」自分のための備忘録その13(ラスト-リュ・ジョンハン)

自分の備忘録にと肩肘張らずのんびり書いております。
このような感じ方もあるのかと思っていただければ幸いです。

*:;;;:*:;;;:**:;;;:*ネタバレ注意*:;;;:*:;;;:**:;;;:*

Lucy's Death~Confrontation~The Wedding
ジキルベア
ジキルベアマグネットしおり

Lucy's Death

すっごい雷鳴音

リュハイドの登場の仕方がいちいち怖いんだよー!(>д<;)
と、もうトラウマになるレベル。 

雷鳴まで盛ってんのか~と言いたくなりましたよ。
雷鳴音はボタン一つ押すだけだそうなので、リュハイドの時だけ盛るわけないですよね。

やっぱりセリフはまったくわかりませんでしたが、ジキルの手紙を読んでいたうきうき感とはまったく違う、ただならぬ雰囲気だけはわかりました。

ベッドの上で、ソーニャルーシーを近くへと招くリュハイドが怖~い。(ノД\lll)
甘えるかのように無防備にチョコンとリュハイドの前に座るソーニャルーシーに、もっと近くに、もっとだと招くリュハイド。

ハンニバル・レクターの前の子羊みたいに、もうこれはどうあっても逃げられないな感がひしひしと伝わり…。(> <)

ソーニャルーシー、絶命シーンがさらに芝居がかっていたかも…。
手の震わせ方とか…。

でも、リュハイドルーシーのことを愛していたのだと思います。
誰にも取られたくないほどに。

Confrontation

初めて観たジョンハン先生の Confrontation 、2つの声を交互に使い分けなければならにこの難曲を、まるで自由自在といった感じでまったく危なげなかったです。

観てるほうは、もう圧倒されてスゴイ、スゴイと拍手を送るしかありませんでした。
さすが、もっとも長くやっているだけありますね。(゜ロ゜)

「アニョ、アニョー、アニョーーー!!」
のところ好きかも。(^^*)

The Wedding

やっぱり納得できない結婚式。

確かここでしか歌わないじゃないかなと思うんですが、司祭がすっごく良い声してました!
この司祭何者!!Σ( ̄□ ̄

厳かな雰囲気で登場したリュジキルとジヘエマ。
しかし、リュジキルが豹変して、バッタリ倒れるところはなんだかマンガチック。
エマの首を絞める時の表情、なんとも言えない表情でした。

リュジキルの最後。
この時ばかりは、上手6列の席からセンター8列の席に替えたことを後悔。 
あれは近くでガン見したかった~。 (≧0≦)

カーテンコール

すごい拍手で大盛り上がりのカーテンコール。
すべての出演者が登場し、最後はエマとルーシーの肩を抱きながらジョンハン先生退場。
このまま行っちゃうのかなあ、投げキッスは?と思っていたら…。

振り返ってものすごく力いっぱい熱い投げキッス~!!

きっとジョンハン先生も感無量だったんですね。(ノ≧∇≦)ノ

 *:;;;:*:;;;:**:;;;:* *:;;;:*:;;;:**:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*

以上、備忘録終わり。

長々と書き連ねてしまいましたが、書き終わるとまた観たくなってきてしまいました。(^^*)
メモ等はまったく取っていませんので、もし思い違いなどありましたらゴメンナサイ。m(_ _)m

ここまでお付き合いいただきありがとうございました♪

韓国ミュージカル「ジキル&ハイド」自分のための備忘録その11(あれは夢-リュ・ジョンハン)

自分の備忘録にと肩肘張らずのんびり書いております。
このような感じ方もあるのかと思っていただければ幸いです。

*:;;;:*:;;;:**:;;;:*ネタバレ注意*:;;;:*:;;;:**:;;;:*

Once Upon A Dream~Streak Of Madness~In His Eyes
ryu
ジョンハン先生&スンウさん

Once Upon A Dream

イ・ジヘちゃんこういう役あっていると思います。
相手を立てながら自分の意思も貫いていくような上流階級のお嬢さんって感じ。(⌒-⌒)

いつもは貴族的な雰囲気を漂わせているリュジキルですが、どんどんその余裕もなくなっている様子。
何か言いたげな様子でエマを見るのですが、その様子がとても弱弱しげでキュンときます。 (〃∇〃) 

Streak of Madness

ウンテジキルの時も書きましたが、ジキルが持って走り回っている紙はなんだろうと気になりました。
調べてみると遺言書だと書いていた方がいたのですが、突然遺言書をもらったりしたらビックリしませんか?
その遺言書に洗いざらい書いているということは…、ないですよね。 (-。-;)

エマかアターソンに全部言ってしまえば何とかなったかもしれないのに、小説やドラマでは言わないのがお約束ですね…。

In His Eyes

大人っぽさの中にもかわいらしさを感じるソーニャルーシーいいですね。
ジヘエマの強さと、ソーニャルーシーのかわいらしさ。
普通は逆だと思うんですが、この対比が良かったです。

ジキルを挟んで相対しているのに、お互いはお互いのことを知らないんですよね。
ルーシーを挟んでのジキルとハイドの三角関係、そしてジキルを挟んでのエマとルーシーの三角関係。
二重の三角関係で人間関係が複雑かというとそうでもなく、誰も傷ついてほしくなくなるのはどうしてでしょう。(・・,*) 

韓国ミュージカル「ジキル&ハイド」自分のための備忘録その12(罪な遊戯-リュ・ジョンハン)


スポンサードリンク
livedoor プロフィール


タグクラウド
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ