お願い☆ファントム様アンジョ様♪‐ミュージカルに夢中‐

2013年初め映画「レ・ミゼラブル」に衝撃を受けミュージカルファンに。
今は「レミゼ」の他に「オペラ座の怪人」、韓国ミュージカルにハマっています。 ミュー沼にハマって2年ミュ初心者のブログです♪

ドラキュラ

ミュージカル「ドラキュラ」ついにマッコン(千秋楽)!

和気あいあいとしたミュージカル「ドラキュラ」のマッコン(千秋楽)

とうとうミュージカル「ドラキュラ」がマッコン(千秋楽)を迎えてしまいました。
ジュンスパク・ウンソクさんの千秋楽はすでに終わり、大千秋楽でドラキュラ伯爵を務めたのは、リュ・ジョンハンさんでした。
終始、笑顔と笑い声に包まれたマッコンの舞台挨拶は、ジョンハンさんの人格が表れた和やかなものでした。
ヤンジュンモさまは、 ワンキャストで乗り切られて感慨深かったのでしょうか涙ぐまれていたように見えました。
でも、挨拶の時には、みなさんを笑わせていましたよ。
ミュージカル「ドラキュラ」
キャスト・スタッフのみなさま、本当にお疲れさまでした。
良い舞台をありがとうございました。
できれば、早い時期にまた観たいです。
すでに、ドラロス気味です。 

2014.9.5 大千秋楽舞台挨拶
 

韓国語がわかったらどんなにいいか、この動画を観て切実にそう思いました。
 続きを読む

ミュージカル『ドラキュラ』の舞台に立つ彫像の意味するものは?

とうとう今日はミュージカル『ドラキュラ』のマッコン(千秋楽)ですね。
今年の夏は、私的にドラキュラ祭りって感じだったので終わってしまうのは悲しいです。

ドラキュラの記事を書くのも後1,2回くらいかなあということで、最後に残った疑問を解消しちゃいましょう。
ミュージカル『ドラキュラ』で、最後のシーンに登場する彫像は何を意味しているのか不思議に思っている方を何人かお見かけしました。
その疑問、ステージデザインのオピルヨウンさんが答えを教えてくれています。

Dドラキュラ城 

ミュージカル『ドラキュラ』の舞台に立つ彫像の意味するものは?

https://translate.google.com/translate?depth=1&hl=ja&ie=UTF8&nv=1&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&tl=ja&u=http://m.navercast.naver.com/mobile_contents.nhn%3Frid%3D1487%26contents_id%3D65837%26leafId%3D1487%26isHorizontal%3DY

巨大な石の柱からなるドラキュラの城見ているだけあっても圧倒されてようです。 どこからインスピレーションを得ましたか? 
 
リサーチをして、とても多くの石柱がそれぞれ異なる高さに非常にそびえるいくつかのモニュメントの写真を見るなりました。 その柱の前に人が一人立っていた、それを見るとドラキュラが見る人間、人間が見てドラキュラの姿がこのようなものはないかという気がするんですよ。 

人間はドラキュラの実体を知らないその存在自体だけで恐れてでしょう。 そのようなドラキュラと人間の関係を高い石柱と小さな人間の姿で表していました。
 
その後、最後のシーンで倒れている柱は、どのような意味ですか? 

前述のドラキュラの力とつながる話です。 舞台には、合計21本の柱が存在するそのうちの9本の柱がターンテーブルと一緒に回転し、さまざまなシーンを作成リニューアルオープン。 

その柱が、以前までドラキュラの力でミナという目的地に向かって移動だったが、ミナに拒否された瞬間から方向性を失い、すべて崩れ落ちたのです。 そこに立っているのは、抱擁する二人の姿を刻んだ彫像だけです。 ドラキュラが大事に最後の希望を表現した部分です。

そのほか、ドラキュラの城には多くの像が登場している。 
ドラキュラが400年間生きてきた人生の痕跡をどこかに残していました。 その長い時間の間ドラキュラは何をしますか? 死んだ妻を欠場したのだ。 ミスしながら何をしますか? 私の妻の姿を彫刻したと想像しました。 

見れば分かる舞台の上にある像は、すべての女性の形状です。 客席の前の碧蹄にも女性像が誤りを犯した。 最後のシーンに出てくる像はドラキュラ自身が夢見る理想的な瞬間を彫刻したのです。”(google翻訳)

あの彫像は、ドラキュラ伯爵が400年の間に彫刻した夢見る理想的な瞬間だったんですね。
彫像を彫っている間どんな気持ちだったのでしょう、それに彫像ができた後きっとそれまでよりさらに寂しくなったに違いありません。



スポンサードリンク
livedoor プロフィール


タグクラウド
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ